便利なFXのシステムトレードにはデメリットも

FXのシステムトレードは自動で売買取引を行ってくれるとても便利なツールです。時間があまり取れない方で効率的にFXで利益を出したいと考える方や、様々なストラテジーを用いてプロレベルのトレードを体験したい方などにも適しています。しかし便利な部分がある反面、システムトレードにもデメリットは存在しています。ではシステムトレードにおけるデメリットについて考えてみましょう。


システム障害、誤作動などハード面におけるリスク

為替市場の動きが急変した時などは、いっせいにアクセスが集中することが予想されます。利用しているシステムトレードのサーバーがダウンしてしまったり、自動売買プログラムに障害がおき、誤作動を引き起こしてしまうなどのリスクは0ではありません。もちろんシステムトレードを提供している会社では、システムの信頼性を十分に考慮していますが、天変地異のような災害時や有事の時などはどうしても避けられないリスクもあるといえます。


ストラテジーが廃れていくことも

数多くのストラテジーが用意されているとしても、過去の様々なデータから利益が出せるパターンの確率を統計してプログラムされているのがシステムトレードです。このような市況に対してはこのロジックが有効、この場合ならコレ、というようにパターン別の市況には強いものの、まったく新しい市況になるような変化があった場合、ストラテジー自体が廃れてしまうといったこともあります。


FXの面白みに欠ける?

システムトレードでは全て自動的に取引が進められるため、自分自身で行う裁量取引のような駆け引き的面白みはなくなってしまうでしょう。裁量取引で利益を上げた時の嬉しさは一入といったところでしょうし、たとえFXに失敗したとしても、そこには悔しいので次回は勝てるように研究しようというような感情が沸き、自らスキルをあげていくモチベーションにも繋がります。また、システムトレードでは自分で勉強しなくても優秀なストラテジーを選ぶだけなので、自身のトレードスキルをアップさせることも止めてしまいます。


やはり自分での開発は難しいシステムトレード

FXの面白みに欠けてしまうのであれば、自分でルールを作りストラテジーを一から組み込んでオリジナルのシステムトレードを作ろうと考える人もいるかもしれませんが、簡単ではありません。FXの経験知識だけではなく、プログラミングやハード、ソフト、セキュリティ面における知識も必要になります。