FXシステムトレードは初心者にもおすすめの取引方法

FX取引を行っている人であれば、一度はシステムトレードという言葉を聞いたことがあると思います。

基本的な取引方法として、FX取引では相場の動きをチェックしながら、ここだというタイミングで売買を行います。これを、自分の意志で決めることから裁量(さいりょう)トレードといいます。

それに対して、あらかじめこの価格になったら売買を行う、というように条件を決めておいて、それにしたがい自動的に売買を行う方法をシステムトレードといいます。

ルールさえ設定しておけば、あとはプログラムがすべて自動的に処理してくれるので、トレーダーにとってはとても楽な取引方法になります。特に、普段は仕事などでなかなか手が離せないという人にとっては、24時間いつでもほぼ思い通りの取引ができるようになるのはかなり助かります。

また、裁量トレードの場合は、自分自身でタイミングをはからないといけないため、どうしても狙っていたのと違う価格で売買をしてしまうケースもよくあります。しかし、システムトレードでは価格を基準に売買を行うので、それがズレる心配もなくなります。

自動売買では、プロの投資家が作成したプログラムを利用することもできるので、まだあまり経験のない初心者でも、上級者並みの取引ができるようになるのも大きな特長です。

これらにくわえて見逃せないのが、精神面でのメリットです。

「数字」がものをいうトレーディングで、なぜ精神面?と疑問に思う方もいるでしょう。しかし実は密接に絡み合っている関係で、FX取引というのは、いかに利益を上げるかよりも、いかに損失を少なくするかが最大のコツとされています。

つまり、損切りをしっかり行えるかが重要になってくるわけですね。ところが、実際に自分のお金を投資してみると、思ったように実行できなくなるのが人間なのです。

特に、勝ちや負けが続いてしまうと、まだ行けるかもしれない、逆転できるかもしれないと、よけいなことを考えてしまいがちです。そうして、最初に決めておいたルールを守れずに失敗してしまう、ということがよくあります。

ここのサイトのような取引技術を取り入れた攻略法を事前に勉強したとしても、これは、初心者だけではなく、ベテラントレーダーでもなかなか克服できるものではないのです。

その点、システムトレードには良い意味で感情が入る余地がありません。どんな状況になっても、かならずあらかじめ決められたとおり機械的に取引を行ってくれるので、リスク管理の面でもとても優れているのです。いくら途中で「介入」したくなっても我慢です!

それ以外にも、相場の動きにいちいち一喜一憂することもないので、ストレスなく時間を有効に過ごせるのも大きなメリットのひとつといえます。

こういった理由から、現在では初心者の間でもシステムトレードを利用するトレーダーがとても増えているのです。